『葛原家住宅(南葛原別邸)主屋』 大阪府:登録有形文化財(住宅)



国宝・文化財・天然記念物・史跡名勝・博物館まとめて検索!
名称南葛原別邸
都道府県大阪府
文化財種類登録有形文化財
種別住宅
形態建築物
概要

「葛原家住宅(南葛原別邸)主屋」は、大阪府の登録有形文化財(住宅)に指定されています。

大正13年(1924年)に建築された洋風(コテージ風)の木造2階建・瓦葺の住宅で、葛原家の別邸として建てられ現在も住居として使用されています。

セメント瓦葺の切妻屋根がT字型に交差する珍しい外観で地域のランドマークとなっています。

富田林市の寺内町は江戸時代から昭和初期の町並みが残ることで知られ、葛原家の本宅はその中でも重厚な町家で、三階建ての蔵なども現存しています。

大阪府富田林市常盤町1-12

南葛原別邸関連映像

南葛原別邸に関するQ&A情報


This entry was posted in 大阪府 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*