『西尾家住宅離れ』 (鳳鳴酒造) 兵庫県篠山市:登録有形文化財(住宅)



国宝・文化財・天然記念物・史跡名勝・博物館まとめて検索!
名称鳳鳴酒造 西尾家住宅離れ
都道府県兵庫県
文化財種類登録有形文化財
種別住宅
形態建築物
概要

「西尾家住宅離れ」は、兵庫県篠山市の登録有形文化財(住宅)に指定されています。

江戸時代中期の享保18年(1733年)に神田神社の鳥居前に建てられ、現在も住居として使用されています。

西尾家は江戸時代から酒造業を営んでいた旧家で、『西尾正宗』は第一回全国清酒品評会(明治40年(1907年))で一位を獲得しています。

昭和20年に近隣13の酒蔵が合併して「多紀酒造有限会社」、後に「鳳鳴酒造株式会社」となり、現在も篠山を代表する酒造会社として酒造りを行いながら「西尾正宗」の復刻にも取り組んでいます。

鳳鳴酒造関連映像

ラジオ関西 鳳鳴酒造 西尾社長出演「新酒まつり」PR

theチャンポラパンband 「鳳鳴酒造新酒まつり」ライブ

【鳳鳴】鳳鳴酒造(第4回 郷酒フェスタ for WOMEN 2017)

鳳鳴酒造 西尾家住宅離れに関するQ&A情報


This entry was posted in 兵庫県 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*