『古梅園食堂・脱衣室・灰替所』 奈良県:登録有形文化財(産業2次)


国宝・文化財・天然記念物・史跡名勝・博物館まとめて検索!

"古梅園" 《基本情報》

名称"古梅園"
都道府県奈良県
文化財種類登録有形文化財
種別産業2次
形態建築物
概要

「古梅園食堂・脱衣室・灰替所」は、奈良県の登録有形文化財(産業2次)に指定されています。

古梅園は、天正5年(1577年)創業で400年以上続く墨製造の老舗です。
店舗を含め25件が登録有形文化財に指定されています。

古梅園食堂・脱衣室・灰替所は、大正時代(1912-1925)の二階建ての建物で、大壁造、腰板貼りは製墨の工程を知る上で貴重な存在です。
南面の庇を吹き放しの通路として、従業員用の食堂や脱衣室が配置されています。
2階は、灰替所として利用されていましたが、現在は倉庫として利用されています。

奈良市椿井町7

Photo:寺町通  古梅園 By

"古梅園"関連映像

青系固形墨(古梅園製墨)墨のグラデーション gradation of ink 書道家 煌彩

20181108古梅園を訪ねて

奈良傳統工藝體驗:四百年古梅園握墨丶谷村茶筅世家、京都御三家Day 3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください