『森村家住宅(奈良県橿原市新賀町)』 奈良県:重要文化財



国宝・文化財・天然記念物・史跡名勝・博物館まとめて検索!
名称森村家住宅(奈良県橿原市新賀町)
都道府県奈良県
文化財種類国宝・重要文化財(建造物)
種別重要文化財
形態近世以前/民家
概要

重要文化財 「森村家住宅(奈良県橿原市新賀町)」 (奈良県 近世以前/民家)

森村家は、江戸時代は十市郡13ヶ村の大庄屋を勤めた旧家で、奈良盆地でも最大規模の民家の一つです。
享保17年(1732年)頃の建築で、大和棟の初期の建物で、江戸時代中頃の大規模な家が現存しているのは大変珍しく貴重な建物と言えます。

上段の間となる別座敷は公家屋敷を移築したもので、長押の釘隠(くぎかくし)など、各所に公家の好みが見られます。

見学は橿原市文化財局文化財課(奈良県橿原市川西町858-1 TEL 0744-29-5902 )宛に、往復はがきで申し込む必要があります。

森村家住宅(奈良県橿原市新賀町)関連映像

森村家住宅(奈良県橿原市新賀町)に関するQ&A情報


This entry was posted in 未分類 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*