『瑞龍寺』 富山県:重要文化財


国宝・文化財・天然記念物・史跡名勝・博物館まとめて検索!

瑞龍寺 《基本情報》

名称瑞龍寺
都道府県富山県
文化財種類国宝・重要文化財(建造物)
種別重要文化財
形態近世以前/寺院
概要

重要文化財 「瑞龍寺」 (富山県高岡市 近世以前/寺院)

3代藩主前田利常の建立で、加賀藩百二十万石の財力を如実に示す江戸初期の典型的な建造物です。
山門、仏殿、法堂が建造物として国宝に指定され、総門、禅堂、大庫裏、大茶堂、回廊三棟が重要文化財として指定されており、江戸初期の禅宗寺院建築として高く評価されています。

Photo:[Toyama] By Photo:[Toyama] By Photo:[Toyama] By Photo:[Toyama] By Photo:[Toyama] By

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください