『耕三寺中門』 広島県:登録有形文化財(宗教)


国宝・文化財・天然記念物・史跡名勝・博物館まとめて検索!

耕三寺中門 《基本情報》

名称耕三寺中門
都道府県広島県
文化財種類登録有形文化財
種別宗教
形態建築物
概要

「耕三寺中門」は、広島県の登録有形文化財(宗教)に指定されています。

昭和11年(1936年)から伽藍の建立が始められた新しい寺院で、日本各地の古建築を模して建てられた堂塔が建ち並び、「西の日光」とも呼ばれています。

耕三寺を建立した金本耕三氏は、日本スチール管株式会社を興した実業家で、母親の死を機会に出家し、寺院の建立を始めたといいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください