『聚光院本堂』 京都府:重要文化財



国宝・文化財・天然記念物・史跡名勝・博物館まとめて検索!
名称聚光院
都道府県京都府
文化財種類国宝・重要文化財(建造物)
種別重要文化財
形態近世以前/寺院
概要

重要文化財 「聚光院本堂」 (京都府 近世以前/寺院)

永禄9年(1566年)室町幕府に仕えた三好長慶の養子・義継が、長慶の菩提を弔うために建立した寺院で、千利休の墓をはじめ、三千家(表千家・裏千家・武者小路千家)歴代の墓所があり、毎月28日に「茶の供養」が行われます。
※一般公開されていません。

安土桃山時代を代表する狩野松栄(1519-92)・永徳(1543-90)父子作の狩野永徳筆の花鳥図十六面をはじめ、狩野松栄、雲谷等益ら桃山時代の代表的障壁画四十二面で飾られ、いずれも国宝・重要文化財に指定されています。

利休が好んだ三畳台目の茶席(閑隠席)、枡床席などの茶席が残り、枯山水庭園は利休の作庭と伝えられています。

Photo:曹长青:如果美国记者撒了谎(图) By Photo:逃脱追捕 张成泽助手之子在法国避难(组图) By Photo:铁流: 相信吗﹖小提琴也能毁掉天才 (组图) By Photo:先贤的智慧与养生之道:艾灸(图) By Photo:硅谷创业者的力量:天才和勇气 By

聚光院関連映像

【TVCM】2016年 夏「大徳寺・聚光院」そうだ 京都は、今だ。

聚光院 大徳寺

HARVEST TIMES 4月号巻頭特集 聚光院伊東別院

聚光院に関するQ&A情報


This entry was posted in 未分類 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*