『安田家住宅主屋』 (奄美ばしゃ山村)~奄美大島:登録有形文化財(住宅)



国宝・文化財・天然記念物・史跡名勝・博物館まとめて検索!
名称ばしゃ山村
都道府県鹿児島県
文化財種類登録有形文化財
種別住宅
形態建築物
概要

「安田家住宅主屋」(ばしゃ山村内)は、鹿児島県奄美大島の登録有形文化財(住宅)に指定されています。

江戸期の1830年~1867に建てられた、奄美の古い建築様式を伝える木造平屋建、鉄板葺の住宅です。
玄関奥に4畳半のコザを前後に並べ、右手に10畳の部屋があります。

現在は、「ばしゃ山村」というリゾート施設に移設され、当時の古いタンスや時計などの家具が置かれています。「島人体験」ではかまどでご飯を炊くなどもできる体験型の施設として公開されています。

鹿児島県奄美市笠利町大字用安字車万川1505-1

ばしゃ山村関連映像

奄美リゾート(ばしゃ山村の鶏飯)2013年7月1日

奄美・ばしゃ山村ビーチと6島巡り思い出

伊実久ばしゃ山節

ばしゃ山村に関するQ&A情報


This entry was posted in 鹿児島県 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*