『西郷寺本堂』 広島県:重要文化財



国宝・文化財・天然記念物・史跡名勝・博物館まとめて検索!
名称西郷寺本堂
都道府県広島県
文化財種類国宝・重要文化財(建造物)
種別重要文化財
形態近世以前/寺院
概要

重要文化財 「西郷寺本堂」 (広島県 近世以前/寺院)

鎌倉時代末期の正慶年間、遊行六代一鎮によって開かれたと伝えられています。当時は「西江寺」と称されていました。
本堂は文和2年(1353)に発願され、時宗(踊念仏で有名な一遍上人が開いた浄土教の一派)の最古の遺構として貴重です。

堂内には一木でリアルに彫られた「一鎮上人」の坐像が安置されています。また「泣き龍天井」があり、手を打つと龍が吠える音になって返ってきます。

西郷寺関連映像

西郷寺(浄土真宗本願寺派)随行長ご挨拶(福岡県嘉麻市)

西郷寺(浄土真宗本願寺派)総代役員との記念撮影(福岡県嘉麻市)

西郷寺(浄土真宗本願寺派)前門様お見送り(1日目)(福岡県嘉麻市)

西郷寺本堂に関するQ&A情報


This entry was posted in 未分類 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*