『彦根城太鼓門及び続櫓』 滋賀県:重要文化財


国宝・文化財・天然記念物・史跡名勝・博物館まとめて検索!

彦根城太鼓門 《基本情報》

名称彦根城太鼓門
都道府県滋賀県
文化財種類国宝・重要文化財(建造物)
種別重要文化財
形態近世以前/城郭
概要

重要文化財 「彦根城太鼓門及び続櫓」 (滋賀県 近世以前/城郭)

桃山時代 慶長年間頃(1596年〜1615年)

太鼓門は、本丸天守を目前にした最後の城門です。櫓内に太鼓があり、緊急時はもちろん、日常的な合図としても使われました。

門櫓の南には、「く」の字に曲がった続櫓が付設されていますが、東壁面が開放されて廊下になっている大変珍しい造りになっています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください