『村野家住宅離れ』 東京都:登録有形文化財(住宅)



国宝・文化財・天然記念物・史跡名勝・博物館まとめて検索!
名称柳窪村野家住宅
都道府県東京都
文化財種類登録有形文化財
種別住宅
形態建築物
概要

「村野家住宅離れ」は、東京都の登録有形文化財(住宅)に指定されています。

明治後期、洋風な要素を取り入れた木造平屋建て入母屋造りで、付書院の欄間彫刻は著名な島村俊表が手がけています。

多摩北部の柳窪は、江戸時代から明治期にかけて建造された大きな家やその生垣、屋敷裏に竹林、道ばたに庚申塔や石仏などが今に残る地域として有名です。

村野家住宅は、江戸時代の茅葺民家としては市内では唯一現存しているもので、天保9年(1838年)年建築の入母屋造り六間取りの大きな主屋をはじめ、離れ(明治後期)、土蔵、穀蔵(江戸時代末期)、新蔵は(明治28年)、薬医門(明治14年)、中雀門(大正後期)の7件が文化財に登録されています。

個人住宅のため、一般の見学はできませんが、定期的に見学会が行われます。問い合わせは、東久留米市郷土資料室 TEL042‐472‐0051

柳窪村野家住宅関連映像

柳窪村野家住宅に関するQ&A情報


This entry was posted in 東京都 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*