『東大寺二月堂仏餉屋(御供所)』 奈良県:重要文化財


国宝・文化財・天然記念物・史跡名勝・博物館まとめて検索!

東大寺二月堂 《基本情報》

名称東大寺二月堂
都道府県奈良県
文化財種類国宝・重要文化財(建造物)
種別重要文化財
形態近世以前/寺院
概要

重要文化財「東大寺二月堂仏餉屋(御供所)」 (奈良県 近世以前/寺院)

旧暦2月に「お水取り(修二会)」が行われることからこの名があります。
関西では「東大寺のお水取りが終わったら春」と言われ、春を告げる行事としてもよく知られています。

現在の二月堂は、寛文7年(1667年)にお水取りの最中に失火で焼失し、2年後の寛永9年(1669年)に再建されました。

本尊は大観音(おおかんのん)、小観音(こがんのん)と呼ばれる2体の十一面観音像で「絶対秘仏」とされ、誰も見ることができません。
二月堂の建物は国宝に指定されています。

Photo:Nigatsudo, Todaiji 東大寺二月堂 By Photo:從二月堂眺望大佛殿和奈良市區 By Photo:在路邊寫生二月堂的歐巴桑們 By Photo:東大寺二月堂 / Nigatsu-do, Todai-ji Temple By Photo:Nigatsudō, Tōdaiji temple By

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください