『清水寺本堂』 京都府:国宝


国宝・文化財・天然記念物・史跡名勝・博物館まとめて検索!

清水寺本堂 《基本情報》

名称清水寺本堂
都道府県京都府
文化財種類国宝・重要文化財(建造物)
種別国宝
形態近世以前/寺院
概要

国宝 「清水寺本堂」 (京都府 近世以前/寺院)

平安京遷都以前からの歴史を持つ清水寺。

本堂は、徳川家光の寄進により寛永10年(1633年)に再建されたもので、「清水の舞台」として有名で、決死の覚悟で物事を行うことを「清水の舞台から飛び降りるつもりで」などど表現します。

屋根は寄棟造、檜皮葺きで、山の斜面にせり出すようにして建てられ、釘を使わずに組まれた139本のケヤキの柱がせり出した「舞台」を支えています。

↓ストリートビューでお参りできます!。清水の舞台からの風景も見ることができます

Photo:P1310307 By Photo:清水寺 By Photo:清水寺本堂 By Photo:清水寺本堂:清水舞台 By

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください