『清白寺庫裏』 山梨県:重要文化財



国宝・文化財・天然記念物・史跡名勝・博物館まとめて検索!
名称清白寺
都道府県山梨県
文化財種類国宝・重要文化財(建造物)
種別重要文化財
形態近世以前/寺院
概要

重要文化財 「清白寺庫裏」 (山梨県 近世以前/寺院)

清白寺は、足利尊氏の時代、正慶2年(1333年)に創立した臨済宗の寺院です。

仏殿は、応永22年(1415年)で、寺院の火災の際にも焼失を免れ、大規模な仏殿の建築様式を小型化した貴重な建築として国宝に指定されています。

重要文化財の庫裏は、天和2年(1682)の寺院火災の際に焼失し、江戸時代中期の元禄2~6年(1689年~1693年)に再建されたものとされています。

清白寺関連映像

山梨県山梨市三ケ所620 清白寺

国宝・清白寺(山梨市)

海涌山 清白寺

清白寺に関するQ&A情報


This entry was posted in 未分類 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*